結婚指輪を購入する理由

新郎新婦の結婚の証しとして、二人が取り交わし薬指にはめる風習です。本来キリスト教が由来となって行われるものでしたが、昨今では特段の宗教に関わらず行われます。また結婚の意思確認や周囲の関係者に対して、二人の関係を知らせる意味合いもあります。

結婚指輪と婚約指輪の違い

婚約指輪は婚約の誓い

結婚することを誓った二人の思いを形にしたものが婚約指輪です。双方の気持ちを確認するとともに、周囲の人間に婚約したことを知らせる目的も含みます。また一般に婚約指輪は、結婚指輪よりも豪華で高価になる傾向があります。

結婚指輪は結婚式での儀式に必要

結婚指輪は結婚式における新郎新婦の愛の証しとして、交換の儀式で使われます。双方が取り交わして左の薬指にはめるために使われます。また、その後の長い期間に指にはめる機会も多くなりますので、丈夫なリングが求められます。

結婚指輪は二人に合ったものを選ぼう

結婚指輪には素材やデザインに特段の制限がありませんので、どんなタイプの指輪をも購入対象ですが、自分たちに合ったデザインや素材を選ぶことが大切です。どんな指輪にすればよいのか迷う場合は、スタッフに相談したりサンプルを見たりするとよりイメージが具体的になります。

結婚指輪を購入する際に重視されているポイント

ペアリング
no.1

デザインを重視したい

長く身につけるものであり、飽きのこないデザインや、自分たちに合っているもの選びたいといったニーズが多くあります。例えば、毎日身につけるのですから、汚れが目立たないことやシンプルなデザインであることは大切なポイントです。自分たちだけの記念の刻印を入れるのも定番です。

no.2

品質がよく長持ちすること

デザインだけでなく、品質面を重視することが長く使う結婚指輪に必要な条件です。キズがつきにくいことや、劣化が少ないことが重視されますが、品質は素材選びや職人のスキルなどが影響します。例えば、劣化しにくいプラチナ素材を選んだり、定評のある工房を選んだりする方法があります。

no.3

アフターサポートの有無

宝石店で購入した結婚指輪といっても、万が一の事態が発生する可能性はあります。初期不良やその後のキズや破損などのトラブルが避けられないこともあるでしょう。そんなときに保証対応を含めたアフターサービスがあると助かりますので、購入前にどんなサポートが付帯しているのかが重視されます。

手作り結婚指輪の詳細はこちら☆

結婚指輪選びのポイントを知って購入しよう

女性の手

一生身につける大切な指輪

結婚指輪は結婚した二人の愛の証しであり、一生身につける大切なものです。また結婚式での儀式においても重要な役割を演じますので、二人に合ったデザインや素材にこだわることが大切です。
実用面では一般には経年劣化の影響が少なく丈夫なプラチナが選ばれることが多く、長く使う結婚指輪に適している素材です。特別な想いを込めるなら、ハワイアンジュエリーデザインに特別な意味(モチーフ)を持たせることも可能です。

和婚にピッタリな式場を紹介☆

婚約指輪選びを銀座で進めよう♪

ハワイアンジュエリーの専門店を紹介☆ 婚約指輪を仙台で見つけるならリサーチが大切☆

広告募集中